Omnibus Blog
 

来店計測とは? 小売店舗におけるWEB広告からの店舗送客可視化で 費用対効果の最大化を実現

購買行動がWEB上で完結しない商材を扱う小売業界では、「デジタル広告を実施しても施策の効果が見えづらく、何を指標とすればよいのかわからない」と言うお悩みがよく聞かれます。
そんなお悩みに対して、今回はGoogleで実施できる来店計測という手法についてご紹介します。
来店計測を正しく理解し活用することで、効果の見えづらかったデジタル施策を可視化し、WEB上での施策を最適化することができます。

来店計測とは?

来店計測とは、広告を見たユーザーが来店に至ったかどうかを計測するものです。
どのようなユーザーが来店したか、来店の多かった店舗、来店に繋がった検索キーワードなどを把握できるようになり、より効率的な来店促進のための広告配信が可能となります。
オンライン上で購買が発生しない商材やサービスの場合には、”来店”という購買に最も近いアクションを指標とすることにより、広告の効果を明らかにし、その先のマーケティング施策選定の検討材料にすることができます。
来店計測時には測定以前に一定のWEB広告の出稿が必須条件となります。

来店計測の仕組み

Step1 ユーザーのデジタル上の行動
まずここでは、ユーザーがGoogleアカウントにログインした状態でWEB上の経路から自社のWEBサイトに流入してきます。
経路は様々で検索連動型広告やバナー広告、YouTubeやGoogleマップなどがあります。

Step2 店舗での測定
次に、GPSデータやWi-Fiを使ってユーザーの実店舗来店を計測します。

Step3 リアルタイムでのデータ検証
そして、ここで収集されたデータはプライバシーを保護しつつ貯められていきます。
匿名で集められた情報を使用し、ユーザーの全体的な人数を算出します。

Step4 推計値の生成
広告クリックをしたユーザーの人数から、Google広告内の機能で推定値を生成します。
”推定”である理由は個人のプライバシー保護のためと取得できないデータを機械学習で補完しているためです。

実際の活用方法

ポイントは数値のみを見るのではなく、来店計測から得られたデータをマーケティング施策に活用していくことです。

例えば、検索連動型広告から来店へのデータでは、
・推定来店数
・推定来店率
・推定来店単価
を可視化することができます。
これらのデータと販売店舗での成約率(購入率)をかけ合わせることで、デジタル施策での販売貢献度を測ることができ、費用対効果を最大化するための施策改善を”来店を軸として”最適化することができます。

また、来店へつながったキーワードや性年代などの顧客データ、来店につながった数の多い地域などもデータとして見ることもできます。

【備考】計測のための要件
Googleの来店計測では以下2点の要件があります。

①恒常的に広告配信が行われている
(Googleが定める配信金額・期間の規定は地域や業種により異なります。)
Googleマイビジネスとの連携が必要

上記2点を満たしていれば特別な設定はなしで来店計測が可能になります。

まとめ

このように小売業界のデジタル活用では”来店”を指標とする運用が必要であり、それをもとにして施策の効果改善を行っていくことが大切です。
そこからの考察や仮設をもとに、より効率的な店舗集客施策が実現できます。
オムニバスでは小売業界支援や店舗集客に関する知見や実績が多数ございます。
店舗集客にお困りの方はお気軽に以下フォームからお問い合わせください。

お問合せはこちら

株式会社オムニバス
S DIV.担当
Mail:info@e-omnibus.co.jp

「Googleマイビジネス」で上位表示する方法–心掛けるべき3つのポイント

上位表示させたい時に意識すべき3つのポイント

「Googleマイビジネス」を活用されている皆さんの中には、ご自身の店舗・会社が「なかなか検索上位に表示されない、順位が上がらない……」とお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、Googleにおけるローカル検索結果のランキングが決定される仕組みから、Google マイビジネスで店舗・会社を上位表示させるために意識したい3つのポイントをお伝えします。

ローカル検索結果のランキングが決定される仕組みを、Google社は次のように説明しています。

ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み
ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Googleのアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。
(出典:Googleマイビジネス ヘルプ)

これを見ると、「関連性」「距離」「知名度」の3つの要素が関わってくることがわかります。要するに、主にこの3つの要素に対応することで、検索結果における表示順位が上がる可能性が高まるのです。

また、表示順位が上がり、お客様がご覧になったとしても、情報が古かったり、口コミへの対応がされていなかったりすると、お客様が離れてしまう可能性があります。3つの要素に加えて「口コミ」「情報の鮮度」についても意識して対応することで、本質的な効果として、知名度アップや集客に繋げていくようにしましょう。

ここからは「関連性」「距離」「知名度」の3要素について、それぞれ詳しく解説していきます。

上位表示されるための評価ポイント1「関連性」

関連度
関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。
(出典:Googleマイビジネス ヘルプ)

Googleでお客様が情報検索をした際、検索ワードとGoogleマイビジネスの情報がマッチしているほど、上位に表示される可能性が高まります。そのため、‟お客様がどのような検索ワードを使うのか”、または、‟どのような検索ワードの時に、自店・自社の情報を表示してほしいか”を意識した情報登録をすると良いでしょう。

例えば、「中目黒」「広告代理店」という検索ワードで自社を表示をさせたい場合、Googleマイビジネス上の「ビジネス情報」(店舗・会社の紹介文)に、この2つのキーワードを散りばめた文章を登録します。

<例文>
オムニバスは、東京都中目黒に位置するインターネット専門の広告代理店です。
最新アドテクノロジーを活用して顧客のマーケティング活動を支援しています。
インターネット広告をご検討中の方、広告代理店をお探しの方は、ぜひオムニバスへ!
◆アクセス◆
東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩6分

このようにキーワードを意識してビジネス情報を記載し、Googleのシステムに「中目黒」「広告代理店」という要素を認識をしてもらうことで、お客様が検索をされた際に自社が表示されやすくなります。

上位表示されるための評価ポイント2「距離」

距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。
(出典:Googleマイビジネス ヘルプ)

Googleでお客様が情報検索した地点から「近い」店舗・会社ほど、上位に表示される確率が高まります。ただし、距離が遠くても“人気店”は上位表示される可能性があります。

実際の検索結果を見てみましょう。まず、“A地点”として恵比寿駅で「恵比寿 焼き鳥」と検索した結果がこちらです。

続いて、“B地点”として恵比寿1丁目の交差点で「恵比寿 焼き鳥」と検索した結果がこちらです。

A地点で検索した時に15位だった「鳥つた」が1位になっています。「鳥つた」がB地点から近いため、表示順位が上がったのです。

A地点とB地点の検索結果を見比べると、A地点で検索した時には表示されなかったお店が、B地点では上位に入っています。

これは先ほど説明した通り、「距離」が関係しているためです。しかし、「恵比寿 比内亭」「串焼きもんじろう」「恵比寿 希鳥」は、A地点・B地点のどちらで検索しても、表示順位にほとんど変わりはありません。これが、“人気店”のため距離に関係なく上位に表示されているケースです。

このように、距離による表示順位は「人気」による変動があるため、施策が成功しているかを検証する際には、人が集まる場所や最寄り駅など、2地点以上の順位変動を追う必要があります。

上位表示されるための評価ポイント3「知名度」

知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

ヒント: Google では、ランキングを上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。
(出典:Googleマイビジネス ヘルプ)

Googleのシステム上、「知名度」が高いほどユーザーにとって有益な情報だと判断されるため、有名な場所やお店などは、何もしなくても上位に掲載される可能性があります。わかりやすい例を挙げれば、「渋谷ハチ公」は待ち合わせ場所として使われる有名な場所であるため、わざわざ表示順位を上げる施策を打たずとも上位に表示されるのです。

「知名度」に影響する主な要素がこちらです。

・記事
・店舗一覧
・口コミ数
・口コミのスコア
・Web検索での検索順位
・オフラインでの知名度
・被リンク

これらの要素を踏まえ、知名度アップのために今すぐ実施できることを2つご紹介します。

まず1つ目は「Webサイトの整備」です。ポイントとなるのは、Google マイビジネスと、店舗・会社の公式Webサイトの表記を合わせること。大文字や小文字の違いなども含め、表記が同一になるようにしましょう。

表記が違うと、Googleのシステムから、Google マイビジネスと公式Webサイトの運営店舗・会社が「異なる」と認識され、各ページでの評価が分散してしまう可能性があります。なお、表記を一致させた上で、情報の鮮度を保つために定期的に更新を行うことも大切です。

2つ目は「口コミ」です。お客様に店舗・会社のGoogle マイビジネスがあることをお伝えし、口コミを書いていただけるにコミュニケーションをしましょう。また、いただいた口コミにしっかりと返信することも重要です。口コミはすぐに増やせるものではありませんが、Web上に蓄積できる「資産」として長期的に活用できるものなので、地道に取り組んでいきましょう。

口コミで注意すべき点として、Googleでは、お金やクーポンなどを渡して口コミを書いてもらうことをNG事項としており、とても厳しくチェックしています。類似内容の口コミが急増した場合などに、「違反」とみなされペナルティを課せられる可能性があるため注意が必要です。

「Google マイビジネス」は重要な集客ツール

ここまで、Googleのローカル検索において表示順位を上げるためのポイントを3点ご紹介しました。このほかにも、営業時間や閲覧数、写真の枚数、訪問者の多さなど、表示順位には様々な要素が影響します。急激に順位を上げることは難しいかもしれませんが、できることから取り組んでいくことが大切です。

最後になりますが、「Googleマイビジネス」を始めようと思っている方、始めたばかりの方の中には、次のような悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

「登録作業をやりきれるか不安」
「どんな情報が喜ばれるかわからない」
「成功している他の店舗のやり方を知りたい」
「悪い口コミが書かれた時にどうすればいいかわからない」

オムニバスでは、このようなお悩みを解決するためのサポートサービスも提供しています。登録のお手伝いをはじめ、情報発信・口コミ返信のアドバイス、レポーティングなど、「Googleマイビジネス」に関する様々なサポートを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Googleマイビジネスサービスサイトはこちら

サービスの詳細はお気軽にお問合せください。

株式会社オムニバス
S DIV.担当
Mail:info@e-omnibus.co.jp