動画広告をコンテンツとして流通させる『VISM』

ネイティブ動画広告を流通させるVISM

動画コンテンツを流通させるためのコンテンツマーケットプレイス VISMとは、

オムニバスが開発した動画広告の新しいソリューションサービスです。


これからの動画広告のニーズに応える「VISM」

v1
配信メディアを充実させたい
v2
自然な形で
動画を見てもらいたい
v3
動画をユーザーとのコミュニケーションに活用したい
『インターネットで動画を配信』というと最初に想起されるメディアがYouTubeです。
しかし、ユーザーはいろいろな動画サイトを見ています。YouTube以外のサイトに配信したいと考えているマーケターのご意見を多くいただきました。
プレロール配信(コンテンツの前に配信)ですと、ユーザーが突然広告に触れることになります。
その配信方法の場合、ネガティブな印象をユーザーに与えているのではという懸念の声もありました。
動画を創り、オウンドメディアで展開・YouTubeにアップ。
せっかく創った動画をそれだけで終わらせるのはもったいない。
創ったからにはもっとユーザー見てもらう場所が必要です。


VISMのコンセプト

■広告を良いものにし「三方良し」の新たなカルチャーを

VISMは動画コンテンツをネイティブアドとして流通させる為のマーケットプレイスです。
強制的なインプレッションや強制完全視聴を行わず、視聴者が自ら動画広告にアクセスするしくみを提供しています。
全く新しいプラットフォームですが、誰もが求めていたものがここにはあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-13-13-16-14

 

VISMと他ネイティブアドとの違い

VISMは動画コンテンツを用いた記事そのものを媒体の記者・ライターに依頼し、掲載することを自動化。他のネイティブアドプラットフォームは誘導枠の提供のみで、コンテンツ制作についてはサービス展開していない点がVISMとの違いです。

 

VISMの特徴と利用メリット

特徴

VISMはあくまでも「動画コンテンツ」を対象とするプラットフォームです。
数あるWeb媒体から厳選された独自のメディアネットワークに対して、動画コンテンツ+記事の形でユーザーにストレスを与えることなく、自然な形で貴社が訴求したいメッセージを届けます。

 利用メリット

商材・サービス内容の「理解度」向上
媒体社執筆による記事とともに動画コンテンツを掲載し、訴求内容の理解度が高まります。

ソーシャルメディアでの“拡散”効果
ユーザーが興味を持つコンテンツであればFacebookやTwitter等での拡散が期待されます。

アーカイブ化されることでコンテンツが“資産”に
原則広告主様の記事はメディア側でアーカイブ化され、持続的なページ閲覧が望めます。

イベント参加情報:BUDDYZ LIVE!!2017 WINTER

弊社代表の山本が

BUDDYZ LIVE!! 2017 WINTER にて

「動画広告をコンテンツとして流通させる『VISM』」

をテーマにご登壇させて頂きます。

〜イベント情報〜

イベント開催日:2017年1月18日(水)
登壇時間: プログラム4 にて 15時40分から 16時まで
会場:カンファレンス Mt.RAINIER HALL(渋谷駅徒歩5分)
イベントURL:  http://conference.buddyz.life/event/39/

お立寄りの際は何卒宜しくお願い申し上げます。