fbpx

Omnibus オムニバス

RECRUIT採用情報
MENU
MENU
CONTACT
RECRUIT

RECRUIT採用情報

オムニバスを知る

RECRUIT

2016年4月に新卒で入社した3人に、この2年を振り返って話をしてもらいました。オムニバスの会社のイメージや、就活当時を思い出してこれから就活をするみなさんへのアドバイスなど、ぜひ就活前に参考にしてください。

入社後、営業→トレーダー→再び営業という異例の経歴を送る。大学生の頃のアルバイトは塾講師。

望月くん

望月くん

入社後、営業→トレーダー→再び営業という異例の経歴を送る。大学生の頃のアルバイトは塾講師。

茂出木さん

2年目の中で唯一の女子メンバー。最近はスノーボードがマイブーム。トレーダーの他、メディア対応なども担当。

担当はトレーダー。趣味はマラソン。休日はだいたい走っている!?

松村くん

松村くん

担当はトレーダー。趣味はマラソン。休日はだいたい走っている!?

オムニバスってこんな会社

望月 会社説明会に参加して山本さんの話を聞いたんだけど、それがすごく心に響いたんだよね。社長の人間性だったり、夢を語っているところが魅力的で。新しいことにしっかりチャレンジしていくマインドがある会社だと思った。

茂出木 私も説明会で、山本さんが希望を持っていてキラキラしながら話しているところが魅力的で、入社した今でもそのイメージは変わってないなぁ。

望月 それに、社長だけじゃなく面接してもらった人や内定後に面談してもらった先輩たちがとても仲良さそうでいいなと思った。実際に入社してみても、上司や同僚はもちろん、役員とも距離は圧倒的に近い会社じゃないかな。

茂出木 本当に上下の距離が近い!もちろん礼儀は踏まえつつ、でもみんな仲良しで、仕事の話以外にもいろいろ話すし、相談もしやすい雰囲気があるよね。

松村 2人の言う通り、本当に雰囲気が良い会社だよね。だからといってユルいとかではなく、距離が近くて話しやすい雰囲気という感じ。黙々とパソコンと向き合って仕事をしているのではなく和気あいあいとしていて、でもしっかりと仕事もしている会社かな。

2年を振り返ってみて

松村 僕はもともと毎日楽しく生きているタイプなので、1年目から毎日が楽しくて。2年たってもそれは変わっていないですね。1年目は知らないことをたくさん知ることができるのが良かったし、2年目に入ってからは自分から能動的に動ける機会が増えて、考えて仕事ができるようになったので、さらに楽しくはなったかな。入社してからは営業の仕事をしていたけど、1年目の途中で望月くんと一緒のタイミングでトレーダーに異動になったよね。

望月 同じ部署になって、2人とも同じ上司から仕事を教わっていたけど、同じことを教えてもらっていても、今はそれぞれ自分の色が出てきてスタイルも違ってきているよね。1年目は初めてのことばかりで、教えてもらったことが正しいのかもわからず、ひたすらやり続けないといけないという葛藤があったけど、覚えたことをスムーズにできるように数をこなして、一定の数を超えてから自分のスタイルができるようになったと思う。 茂出木さんは別の部署だったけどどうだった?

茂出木 実は、同期の中で私だけが別の部署だったから心細かったっていうのはあったかな。やっている仕事が全く違ったから、悩みを共有できないつらさがみたいな。私はテック系の部署で、そもそもの仕組みみたいなところとか、学生の時には全く触れるようなことがなかったものをゼロから教えてもらっていて。つらいこともあったけど、今になって全社会なんかで褒めてもらえたりするようになれたのは、1年目に苦労したことが生きているからだと思う。

他の会社に就職した友達と話していても、1年間ずっと上司のサポートをして終わっている人も多いみたいだったけど、オムニバスでは1年目から任されることも多かったから、その分つらいこともあったけど、今比べるとやれている仕事幅は大きいんじゃないかなと思う。

望月 僕はいつのタイミングでつらいことを経験するかだと思っていて、つらいことを乗り越えなきゃいけない時期はいつか来るから、それが早い方が良かったなと思っている。つらかったこともあったけどそれを乗り越えてきたことで、早い時期からいろいろな仕事も任せてもらえて。環境が自分たちの意識を高めてくれることもあるなと。

松村 僕は、今は自分で考えることの大切さを改めて感じていて。1年目は知識も浅くて、言われたことをそのままやっている感じだったのが、2年目は余裕が持てるようになって相手の反応を考えて仕事ができるようになって。新たな発見も多くなったから、3年目はもっと自分で考えてやっていきたいと思う。

就活当時を振り返って

望月 最初は広告業界に興味はあったものの、他にもいろいろな業界を受けて天秤にかけていたんだけど、最終的には海外で働くか面白いものを作るかのどっちにしようかで悩んでいて。
面白いものを作ろうと考えた時に、やりたいなと思っていたのは広告で、もし広告をやるならインターネットは絶対にやっておこうと思って考えていた。でも面白いものを作るなら制作会社に行くのが良いんじゃないかなとも思っていて、最終的にその2つでどっちにしようか悩んでいる時にオムニバスを知ったんだよね。その時、この会社だったらインターネットだけどクリエイティブなことができそうだなと感じて、そしたら自分のやりたいことが両方できるんじゃないかと思って決めた。いろいろ悩んで探していた中で、一番最後に出会った会社だったかな。

茂出木 私もエージェントの紹介で最後に知った会社で、運命的な感じだったかな。広告業界に絞っていたわけじゃなかったので、自分で探しているだけだったら出会わなかった会社かもしれない。
望月くんと同じで海外に行くか日本で働くかで迷っていて、もしも良い会社がなかったら海外に行こうと思っていたから、あまり焦って探していたわけではなくて、1社ずつじっくり検討していたかな。
ちょうどオムニバスを紹介された時には、ネット業界をいろいろ見ていて面白そうだなと思い始めていた時期で、実際にオムニバスの説明会で山本さんの話を聞いたら、普段は広告を見る側だけど、広告を出す側というのも面白そうだなって思って受けることに決めて。選考が進んでいくうちに、面接で会った社内の人たちの雰囲気を見て入社しようって決めたかな。

松村 僕はもともと広告業界に興味があったんだけど、みんなが行きたがるような大手に行くのは嫌で、イケイケのベンチャー企業がいいなと思って探していて。オムニバス以外にも同規模ぐらいのアドテクの会社をいくつか受けていたんだけど、最終的にオムニバスに決めたのは代表たちがカッコ良かったのと会社で働く人たちを見てフィーリングでいいなと思ったから。

就活生へのメッセージ

望月 もしやりたいことが明確になっている人は、例えば、広告がやりたいから直接広告ではなくて、そうじゃない道もあるんじゃないか考えてみるのもいいと思う。 自分がどうなりたいかという将来像を考えた時に、どんな知識や能力が必要かを考えてみて、まずは何を学んでいけば自分のなりたい将来像に近づけるのかを考えて、会社を選ぶときに意識をするようにしていた。
制作がしたいと思ったら、最初から直接制作会社に入るよりも、こんな能力を身に着けてから制作の仕事に行った方がいいんじゃないかとか、自分なりの設計を立ててみて、あえて違うところに行ってみるというのもいいと思う。
あとはとにかく周りの学生がやらないことをやった方がいいかな。たとえば、行きたい会社に直接電話をかけて「誰かに会わせてください」とか面談をお願いしてみたりするのも、今思えば、会社としては全然ウェルカムだよね!

茂出木 去年は私が電話を受けた中で、実際に5人ぐらいの学生に会って話をしたんだけど、そうやって企業側に印象付けることもできるし、実際に働いている社員に会って話しを聞いてみるというのはすごくいいと思う。
私自身の就活ではやらなかったので、入社前に本当にこの会社で良かったのだろうかって不安になったんだよね。他の会社を全部断ってしまって本当に良かったのかって。面接してもらった人以外の誰にも会わずに入社日を迎えて不安があったっていうのもあるし、おすすめだね。

松村 行きたい企業を見つけたら、実際にその会社で働いている人と会って、自分に合っているかどうかを見極めるのもいいし、あとはしっかり考えて後悔しないように選択するのがいいと思う。

望月 ぜひオムニバスの電話番号にご連絡ください!(笑)そういう学生が増えると僕たちも楽しいよね。

  • NEWS
  • BLOG
  • SERVICE
  • COMPANY
  • RECRUIT
  • CONTACT

Copyright © Omnibus All Right Reserved.