fbpx

Omnibus オムニバス

SERVICEニュース
MENU
MENU
CONTACT

NEWS ニュース

INFO

オムニバス、セゾン情報システムズとクレディセゾンと協業し 「プライベートDMP構築サービス」提供開始

 

報道関係各位

2018年10月2日
株式会社オムニバス

オムニバス、セゾン情報システムズとクレディセゾンと協業し
「プライベートDMP構築サービス」提供開始

.

アドテクノロジーを活用したマーケティング支援事業を展開する株式会社オムニバス(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:山本章悟 以下、オムニバス)は、10月2日より株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野宏 以下、クレディセゾン )と協業し「プライベートDMP構築サービス」の提供を開始いたしました。なお、本サービスを通じてプライベートDMPを構築するためのデータ基盤として、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、以下Arm)のカスタマーデータプラットフォームである「Arm Treasure Data eCDP」を採用しました。

■サービス開始の背景

近年、様々なオンライン企業がオフライン領域への進出を図ると同時に、オフライン企業によるオンライン領域への進出も増加しており、小売りのチャネルシフトが進行しています。そのような中、デジタル技術の発展もあり、各種メーカー、小売りのほか、メディアやデバイス等で得られる多種多様なデータの利活用で顧客理解を深めることが可能な状況となってきています。これからの時代、単なるモノ消費を訴求するだけではなく、顧客理解に基づいたコミュニケーション設計と実行によって顧客との信頼関係を構築することが、今後の企業のブランド戦略として重視されるのではないかと考えています。

オムニバスはそのような背景のなか、データ利活用の巧拙が企業の重要な競争優位性を左右する認識のもと、これを支援するプライベートDMPの構築支援事業を開始いたしました。

■オムニバスの「プライベートDMP構築サービス」の特徴

1.高セキュリティなプライベートDMPの構築

システム構築・運用事業を展開するセゾン情報システムズは、セキュリティ上、導入ハードルが高い金融業界において、クレディセゾンでのプライベートDMPをArm Treasure Data eCDP(多種大量データを即時に収集、分析し、外部システムへ容易に連携可能なクラウド基盤)活用により、業界に先駆けて構築支援した実績があります。さらに、TCP/IPでのファイルの安全転送、データ連携を実現する企業間通信ミドルウェアHULFT(ハルフト)の提供や、セゾン情報システムズのグループ企業であるアプレッソ社が開発した「DataSpider Servista」は、データ連携ツール5年連続総合満足度1位(2018年7月 日経BPコンサルティング調べ 「データ連携に関するアンケート調査」 )等の実績を持っています。

これらの実績から、プライベートDMPの構築にあたり必要となる社内データの統合や、顧客情報のセキュアな管理を安心してお任せいただけるほか、データの可視化に必要なダッシュボードやデータ抽出分析等の各種ツール類など様々な機能提供が可能です。

2.高度なマーケティングプランの実行

株式会社オムニバスは、2014年よりプライベートDMPサービスを展開し、大量の3rdPartyオーディエンスデータを活用したデータマーケティング事業を展開してきました。また、トレーディングデスク事業においては、宮崎県日南市にトレーディングセンターを開設し、マーケティングプランの設計から配信・分析など、高度な広告運用をワンストップで提供する体制を構築。2018年にはクレディセゾンと共同で「セゾンDSP」の提供を開始するなど、データマーケティングと広告運用に特化した幅広い知見と経験を持っています。これらをもとにして、高度なデータマーケティングの実行を前提としたプライベートDMP構築を支援するだけでなく、プライベートDMP構築後の運用面においても、マーケティングプランの策定、クリエイティブ制作も含めたオンライン・オフラインを統合したマーケティング施策の実行・検証までを一貫してサポートすることが可能です。

3.クレディセゾンの決済データに基づいたマーケティングが可能

本サービスで構築したプライベートDMPの機能を拡張させ、クレディセゾンが保有・管理する決済データに基づいたデータ分析により、より高度なマーケティングを実現することができます。カード会社保有のデータならではの正確で信頼性ある情報とオンラインとオフライン双方の決済データをもとに、自社の販売データだけでは把握できなかった多面的な顧客インサイトを明らかにすることができます。

■今後の展開

「プライベートDMP構築サービス」はオーダーメイド型の提供から開始し、今後パッケージ型の商品開発などサービス拡充を進めます。また、本サービスを皮切りに、ブランド企業・流通企業・生活者などあらゆるステークホルダーが連携することができる「生活者ドリブン」な世界を実現するため、様々な企業やサービスがオープンにデータ連携を行うことができるエコシステムの構築を目指してまいります。

【株式会社オムニバス 概要】
アドテクノロジーを活用したデジタルマーケティングのプランニングから オペーレーションまでワンストップでサービスを提供。日本市場における動画広告分野へいち早く参入し、様々な動画広告サービスを展開。日本初の動画コンテンツマーケットプレイス「VISM」を運営。2017年4月よりクレディセゾンの関係会社となり、クレジットカード決済データを活用したマーケティングサービスを提供。

会社名: 株式会社オムニバス
代表者: 代表取締役 CEO 山本 章悟
設立 : 2008年8月
所在地: 東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル3F
URL : https://e-omnibus.co.jp/
事業内容: インターネット広告配信事業、マーケティングコンサルティング業

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。

【 本リリースの問い合わせ先 】 株式会社オムニバス 担当:藤本
info@e-omnibus.co.jp TEL:03-5725-8317

  • NEWS
  • BLOG
  • SERVICE
  • COMPANY
  • RECRUIT
  • CONTACT

Copyright © Omnibus All Right Reserved.