fbpx
Omnibus Blog
 

映画データを用いたターゲティング広告配信「映画パック」

映画鑑賞データを用いて広告配信をターゲティング

『映画パック』とは、各映画配給会社などから取得した映画サイト上での作品情報ページの閲覧、WEBチケット購入の完了、など映画鑑賞に関する事実データをDMPを通じて独自に収集・セグメント化することで広告配信に利用出来るターゲティング広告メニューです。

・邦画 or 洋画

・アクション or ドラマ or…

など作品ジャンル別のセグメントはもちろん、作品単位ででもターゲティング可能 *です。

 

(* データ保有可能期間、データボリュームなどを加味しご相談の上カスタマイズ致します)

作品ジャンルによってユーザー傾向は全く異なる

ある特定の映画作品を鑑賞したユーザーがその他にどんな作品を鑑賞していたか、ユーザー毎の映画鑑賞傾向を調べたところ、

・邦画作品を鑑賞したユーザーは、その他でも邦画の作品タイトルを鑑賞し、

・洋画作品を鑑賞したユーザーは、その他でも洋画の作品タイトルを鑑賞する

と明確な特徴がありました。

『映画パック』では過去の鑑賞履歴データを大量に保有することで、

・類似作品 セグメント (同ジャンル、同出演者、同配給会社)
・前作 セグメント   (シリーズ前作の鑑賞者へ訴求)

などのターゲティングを作品単位で使い分けることで、

・最新作の劇場公開の訴求

・DVD発売/レンタル開始の訴求

・グッズ/関連イベントの訴求

など様々なシーンで最適な広告訴求を実現します。

 

YouTube動画広告と接続、バナー広告にも対応

動画広告最大手のプラットフォームYouTube(TrueView)動画広告へ広告配信できます。

・プリロール/インバナーなどの各種広告フォーマット、

・CPM/ CPV などの各種料金体系

に対応しています。

また、doubleclick bid manager と連携したディスプレイ広告配信も可能です。

詳しくは資料請求・お問い合わせ ください。

ワークショップを成功させるための3つの視点

ワークショップの効果と目的

一般的に「体験型講座」を指すワークショップでは様々な立場からの意見を集める手法として取り入れられています。
一方的にトップダウンで物事を進めるのではなくたくさんの意見を取り入れたワークショップでは参加者を巻き込んでより良いアウトプットが期待できます。

ワークショップのメリットはたくさんの人の意見をきくことができることです。お互いの意見を聞き話し合いまた新たに気づきを出すことにより新たな発見を得ることができます。

人は自分たちで意見を出し合い作り出したものには愛着と責任を感じ積極的に受け入れる傾向があるので、そこで決定した施策や計画にはより能動的に取り組む効果も期待できます。そのためにはワークショップを行う中で異なる立場の人が意見を出しやすくする環境づくりが大切になってきます。

ワークショップを成功させる3つの視点

このようにワークショップにはたくさんの人の意見を聞き新たな気づきと発見を得ることができるというメリットがありました。そこでここではワークショップを開催する上で参加者がどのようなことに意識をして参加するとより良い発見を得ることができるのかをファシリテーター・参加者・メンバー全員に分けてご紹介します。

・ファシリテーター

ここでは会議の進行役をファシリテーターと呼びます。ファシリテーターに求められることは参加者の意見を引き出し掘り下げることです。ワークショップにおける一番の懸念点は偏った意見や多数派の意見で意見がまとまってしまうことです。ワークショップで新しい発想を生み出したいのであればファシリテーターは中立の立場で先入観を持たず意見交換をする助けをしなければなりません。新しい視点を見つけることよりもその視点の斬新さに気づき掘り下げるかどうかが大切です。そこで掘り下げられるかどうかでそのワークショップが有意義なものになるかどうかが変わってきます。また目的とゴールの設定と周知はファシリテーターの仕事です。ここには時間をかけて丁寧に説明しましょう。

 

・参加者

ファシリテーターを除くその他のメンバーです。あくまでファシリテーターは脇役で主役は参加者です。参加者は自分の意見を持ち主体性を持ってワークショップに参加しましょう。ワークショップにおいては少数派の意見が大切になってきます。通常の会議では個人の知識量や経験が発言量に直結することが多いですがワークショップではこれまでとは違った観点の意見が求められるので創造的なアイディアを出すことができます。また目的、ゴールを意識したうえで、参加者全員が議題を自分ごと化するという意識も必要になってきます。

 

・メンバー全員

参加者全員に共通して言えることは意識的に人の話を聞くことです。通常は聞き逃してしまうような当たり前の意見であってもその意見から得る気づきがあるかもしれません。得た気づきが新たなアウトプットにつながります。もう一点大切なことは批判的な意見は言わないということです。せっかく出た意見を否定してしまうとその後の意見が出しづらくなってしまうので否定することはやめましょう。

まとめ

ワークショップを通じてより良いアウトプットを出すには、たくさんの意見を出せるように参加者全員が発言しやすい環境づくりが大切です。参加者一人一人が主体的に発言することと意見を受け入れることを意識してワークショップに臨みましょう。