Omnibus Blog
 

2021年春開設予定!宮崎県延岡オフィス オープニングメンバー大募集!

最先端の技術で広告業界の可能性を広げるオムニバス。
IT・広告の知識を一から身に付けることが出来ます。

今回は2021年の宮崎県延岡オフィス開設に伴い、同じく宮崎県内の日南オフィスをご紹介します。
※今回は延岡オフィスのみの募集です。現在、日南オフィスの募集はしておりません。

日南オフィス及び延岡オフィスで働くメンバーは主にインターネット広告の運用業務を担当します。検索エンジンや各種SNS等、日頃目にする機会が増えたインターネット広告ですが、その裏側ではトレーダーと呼ばれる運用者の働きがあるのです。

トレーダーはクライアントの要望に合わせて、広告の入稿や配信、配信結果のレポート作成を行います。
一見聞きなれない難しい専門的な業務のようですが、現在の日南オフィスではインターネット広告業界の経験者はおらず、皆さんゼロからのキャリアスタートでした!
基本知識の研修を経た後、少人数のチーム体制の中で協力しあいながら、一人ひとりの知識やできることを増やしていきます。

詳しい業務内容など募集要項はこちらからご覧ください。

募集要項・お申込みはこちら

 

日南オフィス紹介

まずはエントランスから!お客様をお迎えするエントランスは、木目を基調としています。
オフィスを一歩でると、油津商店街がすぐそこ。夜はとても賑やかです。

オフィスはワンフロアで、お互いにコミュニケーションが取りやすい造りです。
解決出来ないことを相談すると、その場で集まり教えあう風景をよく見かけます。

みんなが自然と集まる「芝生スペース」 ここはみんなとランチしたり、
ちょっと相談をしたり、自由なスペースです。
休憩時間に仮眠ができるハンモックも設置されていてオフィス各所には遊びごごろがあります。

エントランスを抜けると…会議室があります。
来客の方からはよく「忍者屋敷」と言われる隠し扉があります。
(1枚目画像の木目調の壁の裏が会議室のスペースになっています。)

ここでは東京オフィスと繋いでテレビ会議。距離は遠く離れていますがコミュニケーションも問題ありません。オムニバスの組織拡大に伴い東京本社、延岡オフィスや全国のお客様とリモートでやり取りも増えていきますが、スムーズに行う環境が整っています。


 

日南オフィスのひとくち情報

Q、日南オフィスの男女比は?※正社員、パート含む
A、45:55
少し女性の比率が多めです。

Q、PCを使った仕事の経験者は?
A、50:50
半数の方が前職ではデスクワークをしていないという結果でした!

Q、WEB広告の仕事未経験は?
A、100:0
新卒・中途問わず、広告業界で働いていた方は0人という結果でした。
メンター制度やチーム制等、個々を育てる社風がある為、未経験者も大歓迎です!

Q、日南・延岡オフィスでの採用で求められることは?
A、PC操作ができる方、Excelで関数が使用できる方(SUM,IFなど)。

Q、「トレーダー」に向いているのはどんな人?
A 、このような方が向いています。
・コミュニケーション力がある方
・入力やチェック作業を得意とする人
・自分の頑張りが結果に表れることが好きな人
・分析が好きな方
・チャレンジ精神を持っている人
入社時点で数学やPCの難しい技術は必要ありませんが、感覚よりも論理で考えることが苦ではないということは大切かもしれません。

 

宮崎県延岡オフィスでは一緒に働く仲間を募集します!

1日の仕事の流れや実際に働くメンバーの紹介はこちらからご覧いただけます。

オムニバス「人を知る」

募集要項はこちらからご覧いただけます。

募集要項・お申込みはこちら

株式会社オムニバス
採用担当 
Mail:recruit-2@e-omnibus.co.jp

「コロナを言い訳にしない」トヨタ販売店の取り組み

デジタル活用も功を奏し、お客様が来店する機会も徐々に増加。しかし、コロナ前のように車が売れたわけではなく、平野氏はもう1つの“非常に大事なポイント”に気づいたそうです。

「もう1つ大事なことは『コロナを言い訳にしない』ということでした。この状況だから車が売れないのは当たり前と終わらせるのではなく、この状況だからできることを考えました。積極的な販売ができない中、トヨタ自動車として社長からは『こんな時こそ、地域のためにやれることをやってほしい』という話がありました。自動車を売るためには、まずは地域の困りごとに向き合い、いろいろな活動を行うなかでトヨタのファンを作り、地域を活性化させないといけない、と」

「販売店さんは、地域の困りごとは何か、どんなことができるのか知るために、より一層お客様一人ひとりにきちんと向き合うことになりました。これにより、コロナウイルスをコミュニケーションの機会に変え、一人ひとりのお客様がどんな方で、どんな状況なのかを知り、何を提供できるのかを真剣に考えることができた。『コロナを言い訳にしない』で、出来ることに取り組んだ結果、お客様に寄り添い、ファンになってもらえたことが良かったと思います」

アフターコロナもデジタル化の加速は止まらない

コロナ禍においても、デジタルを駆使し、コロナを言い訳にしないことで、順調に売上を伸ばしているトヨタ自動車。新型コロナウイルス感染症が収束した後の消費者との向き合い方について、どのように考えているのをお伺いしました。

「新型コロナウイルス感染症が収束した後も、デジタル化の加速は変わらないと思います。これまで同様にデジタルの活用は必須です。そして、リアルでもデジタルでも、地域のお客様一人ひとりと向き合い、車を買うお客様がどんな人なのか、どんな状況なのかを知ることでお客様に寄り添い、さらには地域の活性化を図るための活動を行いファンを作っていくことが大事だと考えています」

Googleマイビジネスの活用事例

ここからは、トヨタ自動車販売店の取り組みでも活用された、Googleマイビジネスについて詳しく紹介します。

まず、Googleマイビジネスの活用がなぜ重要なのか。当社の調べによると、スマートフォンの普及により、地図アプリの利用率は9割となっています。中でもGoogle Mapsのアプリは8割を超え、主要地図アプリの中でも断トツの利用率です。また、地図アプリではユーザーの大半が店舗情報を確認しており、そのうち4人に1人が実際に店舗に訪問しているというデータもあります。
検索された際にユーザーに必要な情報が表示されるようにするため、Googleマイビジネスという無料のツールを使い、正しい情報の登録を行う必要があります。Googleマイビジネスではそのほかにも、写真や商品情報の投稿や口コミの管理・返信なども行うことができます。

Googleマイビジネス活用で重要な3つのポイント

弊社ではサービスローンチから約半年で全国のトヨタ販売店様250店舗以上のGoogleマイビジネスサポート実績があります。その事例からGoogleマイビジネスを活用する3つのポイントをご紹介します。

1つ目は「情報の更新」です。店舗の伝えたい情報を表示させることができるので、随時更新を行っています。現在はお客様が安心して来店できるよう、新型コロナウイルス感染対策をどのようにしているかがわかるような情報を掲載しています。

商品情報の欄には、商品の写真・説明文・リンク先を掲載できるため、新車種やモデルチェンジ車の情報を更新して、最新の商品が表示されるようにします。また、店舗の写真も複数登録できますので、外観だけではなく内観・キッズスペース・駐車場など、お客様が来店しやすくなるような写真を登録しています。

2つ目は「投稿機能の活用」です。SNSのようなイメージで、たとえば、店舗でイベントがある際は、「〇月〇日〇時からどんなイベントがあるのか」などを投稿することができます。プロモーションにおける1つのツールとして、お店側のメッセージを発信できるのです。

そして最後に、最も大事なポイントが「口コミ情報の管理」です。口コミを放置することは大きな損失につながる可能性があります。丁寧な対応をすることにより、新規のお客様やリピーターを獲得し、高評価の口コミを集めやすくなります。ユーザーアンケートでは、口コミを見ている人は8割、その中でもネガティブな口コミを重要視している傾向にあることがわかっています。

オムニバスではこれら3つのポイントを踏まえた運用代行を行っています。検索連動型広告やリスティング広告を扱っていることもあり、どのような文章であればユーザーの方にクリックしてもらいやすくなるのかなど、知見を活かした掲載内容の提案から更新まで行っています。口コミ管理についても、一定のマニュアルを整備し、返信の代行を行っています。

自動車販売店にみる、コロナ前後の購買行動の変化とデジタル活用についてと、デジタル活用の1例としてGoogleマイビジネスの活用事例をご紹介しました。リテールマーケティングやデジタル活用の参考にしてみてください。