fbpx
Omnibus Blog
 

映画データを用いたターゲティング広告配信「映画パック」


映画鑑賞データを用いて広告配信をターゲティング

『映画パック』とは、各映画配給会社などから取得した映画サイト上での作品情報ページの閲覧、WEBチケット購入の完了、など映画鑑賞に関する事実データをDMPを通じて独自に収集・セグメント化することで広告配信に利用出来るターゲティング広告メニューです。

・邦画 or 洋画

・アクション or ドラマ or…

など作品ジャンル別のセグメントはもちろん、作品単位ででもターゲティング可能 *です。

 

(* データ保有可能期間、データボリュームなどを加味しご相談の上カスタマイズ致します)

作品ジャンルによってユーザー傾向は全く異なる

ある特定の映画作品を鑑賞したユーザーがその他にどんな作品を鑑賞していたか、ユーザー毎の映画鑑賞傾向を調べたところ、

・邦画作品を鑑賞したユーザーは、その他でも邦画の作品タイトルを鑑賞し、

・洋画作品を鑑賞したユーザーは、その他でも洋画の作品タイトルを鑑賞する

と明確な特徴がありました。

『映画パック』では過去の鑑賞履歴データを大量に保有することで、

・類似作品 セグメント (同ジャンル、同出演者、同配給会社)
・前作 セグメント   (シリーズ前作の鑑賞者へ訴求)

などのターゲティングを作品単位で使い分けることで、

・最新作の劇場公開の訴求

・DVD発売/レンタル開始の訴求

・グッズ/関連イベントの訴求

など様々なシーンで最適な広告訴求を実現します。

 

YouTube動画広告と接続、バナー広告にも対応

動画広告最大手のプラットフォームYouTube(TrueView)動画広告へ広告配信できます。

・プリロール/インバナーなどの各種広告フォーマット、

・CPM/ CPV などの各種料金体系

に対応しています。

また、doubleclick bid manager と連携したディスプレイ広告配信も可能です。

詳しくは資料請求・お問い合わせ ください。

映画データを活用したターゲティング広告

『映画パック』は、各映画配給会社などから取得したWEBチケット購入履歴など映画鑑賞に関する事実データをDMPを通じて独自に収集・セグメント化することで広告配信に利用出来るターゲティング広告メニューです。

資料ダウンロード