Omnibus Blog
 

動画で振り返る 2017年〜クリエイター&マーケターの視点で語るあの動画のすごいところ〜

セミナー概要:

2017年は様々な動画広告フォーマットが新しく展開された他、企業からもWEBならではの独自な作品が多数制作されるなど、よりクリエイティブ面での積極的な活用が市場成長を後押ししております。今回はそんな「動画クリエイティブ」に焦点を当て、2017年に話題となった様々な動画・関連トピックスについて動画を見ながら振り返る、パネルディスカッション形式のセミナーを開催致しました

開催日:2017年12月14日 @株式会社オムニバス

セミナー内容:「動画で振り返る 2017年〜クリエイター&マーケターの視点で語るあの動画のすごいところ〜」

登壇者:モバーシャル株式会社 取締役CMO 山下 悟郎

 

写真中央:モバーシャル株式会社 取締役CMO 山下悟郎氏   右:弊社クリエイティブ事業部 高山佳之

2017年の動画広告市場の変化

今年も動画広告市場は急成長を続け、視聴者の動画受容性は高まる一方で、そのチャネルとなるデバイス・メディアはスマートフォントラフィックの増大とともにますます多様化・複雑化してきました。このような環境変化を踏まえて今年の動画広告市場を振り返ってみますと、フォーマットによる制限がより小さくなった結果クリエイティブの自由度が相対的に増し「広告効果の最大変数」として重要視される傾向が出ています。

株式会社オムニバスでは、スポンサード型ネイティブ動画広告を配信するプラットフォーム「VISM」によって幅広い企業の動画コンテンツをユーザーフレンドリーに配信する仕組みを提供する他、今回ご登壇頂いた動画制作のエキスパート、モバーシャル株式会社とも合弁会社「グラダーズ株式会社」を2016年に設立しています。クリエイティブとアドテクノロジーの双方を活用したWEB動画マーケティング施策は今後ますます増えてくると思われます。

 

テクノロジーとクリエイティブの掛け合わせ

ゲスト登壇者のモバーシャル株式会社 山下氏はサントリーチューハイ「明日のレモンサワー」のWebCMを例に出し、アドテクノロジーによる高度な配信ターゲティングをクリエイティブと掛け合わせることでのインパクトや訴求力について語られました。またこの傾向を受けて、来年2018年以降にはパーソナライズド動画などより本格的なクリエイティブへのテクノロジー活用が進むだろうと予測。

また動画が見られる環境(チャネル)の基本が今やデジタル・SNSが中心となってきていることを考慮し、演出方法やカメラワーク、企画の引き出しまで、今現在ユーザーに受け入れられている・人気があるWebコンテンツを参考にするなど、マーケター・クリエイターに関わらず今人気のあるコンテンツに対してアンテナを張ることの重要性を話されました。

 

全ての人を納得させる難しさ

一方でクリエイティブ表現としての広告ならではの問題として「炎上」というテーマについても取り上げられました。弊社オムニバスのクリエイティブチーム 高山からは広告も「表現」である以上すべての人に同等に正しくメッセージを届けることの難しさを指摘。

今年8月頃に牛乳石鹸 Web CM 「さ、洗い流そ。」がユーザーによって異なる解釈をされ賛否両論を招く結果となったことを例に、今後Web動画広告でもこのような余韻を残した表現方法が増えてくるのではないかとお話しました。

 

 

写真左:弊社クリエイティブ事業部 高山佳之        右:モバーシャル株式会社 取締役CMO 山下悟郎氏   

動画広告の2017年を振り返る

本セミナーでは、2017年に話題となった様々な動画を振り返りました。クリエイターとマーケターという2つの視点でみることで、ひとつのコンテンツからも複数の気付きや発見を得ることができると同時に、人気となった動画の完成度の高さ、訴求力の強さを再認識しました。

オムニバスではデジタル広告の配信のみならず、社内で独自のクリエイティブチームを編成する他、動画制作エキスパートのモバーシャル株式会社と合弁会社を設立するなど、今後「クリエイティブ」の面からもより充実した動画広告サービスを提供できるよう、精進していきます。

 

—————————————————————————————-

ゲストご紹介:

モバーシャル株式会社 取締役CMO 山下悟郎

デジタル領域の映像企画制作を得意とするプロダクション、モバーシャルにおいて、Web 動画黎明期より映像プロモーション企画・コンテンツ設計を担当。2014年、株式会社メンバーズと動画の企画、設計、運用、効果検証など、オンラインビデオの領域に特化した動画マーケティング支援会社・株式会社 MOVAAA を設立。

【講師実績】宣伝会議/デジタルハリウッド大学/バンタンデザイン研究所 etc
【執筆実績】デジタルマーケティング年鑑/WebDesigning/宣伝会議/販促会議/マイナビクリエイティブ etc

米国最新マーケティング事情 – マーケティングの最重要課題は「CX」の向上

2017年10月24日

株式会社オムニバスでは定期的にクライアント様・代理店様を対象にセミナーを開催しておりますが、今回は弊社メンバーが参加者側となり最新のグローバルなマーケティング事情をインプットするべく、JaM 大柴ひさみ様を講師としてお招きしたセミナーを開催いたしました。

 

【登壇者】 大柴ひさみ – JaM Japan Marketing LLC 共同創設者 & Managing Member

サンフランシスコ・シリコンバレーを拠点に、日米企業のビジネス・マーケティング戦略の開発立案実施・調査分析を提供。16年間の電通Y&R勤務後、1995年米国移住。米国マッキャンエリクソンを経て1998年JaMを設立。日本企業の米国市場向けの新製品開発、グローバル市場向けのマーケティング戦略の開発・実施・運営、さらにEthnographic Researchといった最新の消費者調査を駆使して、他社では提供できないクロスカルチャーなナレッジを基に、時代を先取りする「リアルな米国マーケティング・コミュニケーションのInsight」を提供している。2010年以来サンフランシスコと東京のad:techでは5回登壇し、ad:tech tokyoのアドバイザリーボードメンバーとして、日本のマーケティング業界のグローバル化に貢献した。著書にはひつじ書房刊『ひさみをめぐる冒険』、東急エージェンシー刊『YouTube時代の大統領選挙米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント』がある。

 

今回のテーマは:
米国最新マーケティング事情 – マーケティングの最重要課題は「CX」の向上

CX = Custumer eXperience (顧客体験)を軸に、米国で議論されている最新のマーケティングトピックスの数々をご紹介頂きました。

 

最初に指摘されたのは、最近ますます増えている「消費者の嫌広告感情」や「広告詐欺(アドフラウド)」という、プログラマティックな広告を取り扱う弊社にとって重要な問題です。過度なリターゲティングやフリークエンシー、ユーザビリティを無視した表示など、ネット体験を「邪魔」されると感じた多くのユーザーは徐々に広告嫌いの感情を高めて来ています。日本では2017年、ようやく様々なニュース記事を発端に議論がされ始めるようになって来ましたが、グローバルにはアドブロックを入れるなどユーザー個々による対応がすでに活発化しています。

続いては物欲・所有欲から「体験欲」へと移る消費ニーズの変化。特にミレニアル世代と呼ばれる若年層を中心に顕著なこの傾向は、Airbnbに代表されるシェアリングエコノミーなど、全世界で急成長するWebサービスのトレンドなどを見ても感じられます。購買欲よりも体験欲が強く、触れるメディアも従来とは違いFacebook, Instagramなどソーシャルネットワークが中心となるようなユーザーに対して、企業はどのようにコミュニケーションし、ブランドを築いていくべきか。様々なショーケースが紹介されました。

また、前回弊社主催セミナーでもテーマとして取り上げたリテールビジネス。Amazon Prime, Amazon GO, Amazon Dush など、次々と革新的なサービスを展開し、オンラインでもオフラインでも顧客との関係性を築き上げているAmazon。今年からはここにスマートスピーカーの普及も加わり、顧客購買体験は大きく変化するタイミングを迎えています。こちらも、日本での本格展開はまだこれから、という様子です。

 

最新のトピックスに触れ、改めてマーケティングという仕事へのやりがいや楽しさを再認識させて頂きました。2017年はオムニバスにとって株式会社クレディセゾンの子会社となる重要な転換点でした。今後もさらにお客様へ価値のあるサービスを提供できるよう、インプットとアウトプットに務めていきたいと思います。